日本の将来と少子高齢化

「高齢化社会の問題が気になっている」という方も多いと思います。いずれ訪れるだろう、両親の介護のことを気にかけている方も多いでしょう。「これから親をどう看ていったら良いだろう?」と思っている方もいれば、「お願い出来る施設が見つかるだろうか?」「どうやって介護をしていこう?」と不安になる人も少なくありません。

テレビやネットの報道などで、高齢化が問題になっていることは多くの人がご存知だと思います。それと同時に警鐘を鳴らされているのが、少子化の問題です。この2つを合わせて少子高齢化とも呼ばれています。出生してくる子どもの数というのは、これからの高齢化社会をカバーするためにはとても重要な問題となります。2050年には、日本人平均年齢が56.2歳にまで達しているというデータまでありますから、国を維持していくためにも早めの対策が必要となります。子どもが少ないということは、それだけ高齢者を支える力が少ないということになりますから、保険料にも多きな影響を及ぼすことになります。そして、その子どもたちが大人になった時に保険制度が維持出来ていない状態であれば、自分たちの老後が心配になってしまうでしょう。子どもが少ないということは、介護を受ける際にもサポートしてくれる人がいないという事態にも繋がりますから、国全体でケアをしていくことが必要となるでしょう。国をあげて今から少子高齢化の問題にしっかりと対策していくことが大切となります。子どもたちが、将来安心して生活できるような状況へと改善していくことが、今の私たちにとっての大きな課題となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です